葬式の際の挨拶について

葬式の際には挨拶をしなければいけません。喪主であったり施主であったり、様々なのです。自分の言葉でしっかりと伝えることが大切です。中には葬儀会社が用意をしたものを読むということもあるのですが、それよりも自分の言葉で表現をしたほうが故人への気持ちが伝わるのです。事前に用意をすることが出来れば、メモ程度のものであっても用意をしたほうがいいかもしれません。故人との思い出であったり、参列者へのお礼であったり言いたいと思うことは伝えておくと良いです。故人への手紙を書く形で挨拶にするという遺族もいます。故人との間柄によっても挨拶の内容というのは異なってくるのです。感情を表に出すことも悪いことではないのです。

葬式参加時の服装について

お葬式に参加するときに気をつけなければならないのが服装です。お葬式はデリケートな儀式ですので、その場の雰囲気に相応しい服装で参列する必要があります。お通夜と葬儀によって着ていくべき服装が若干違います。お通夜も基本的に弔意を表し、黒い色合いの服装で行くものですが、もしも手元に喪服がない場合は男性なら地味な色合いのスーツで行ってもいいことになっています。しかし、お葬式は喪服でいくのが最低限のマナーです。黒いスーツの上下と黒のネクタイ、靴は飾りなどがついていないシンプルな黒い革靴が基本です。ネクタイピンなどアクセサリー類はつけないようにします。冬場はコートを着て行くことになりますが、毛皮などコートは殺生を連想させるためタブーとなります。

最新記事

  • 夫の葬式で妻が喪主を務める場合の挨拶例。夫の名前を夫男、妻の名前を妻子、とします。遺族を代表致しまし

    リニューアルオープン

  • 葬式の挨拶には、喪主などの遺族側と弔問客側では使う言葉が違います。また、忌み言葉と呼ばれる葬儀のとき

    新サービスを開始しました

  • 葬式では、その喪主となる人が最後の出棺の際に挨拶をします。それは遺族代表として、故人に対する参列者に

    環境への取り組みについて